もっと知って! 誰にでも起こりうる糖尿病

株式会社Sabeevo様開催の案件体験型デザインコンテスト「Mr.クライアントの奇妙な依頼」。
8回目のテーマは「もっと知って! 誰にでも起こりうる糖尿病」。
日本IDDMネットワーク様の糖尿病支援をテーマに、リボンマグネットのデザインコンテストとして開催いただいております。
優秀作品は、日本IDDMネットワーク様への寄付モデルとして、実際に製品化し販売いたします。
ぜひご覧下さい。

Mr.クライアントの奇妙な依頼 8th
もっと知って! 誰にでも起こりうる糖尿病の巻」

2021年8月16日〜2021年9月27日 昼12:00  ※募集期間延長しました
https://www.sabeevo.com/8th

■6つのデザインテーマ

1つ目は「1型糖尿病を知ってくださいマグネット」
糖尿病の中でも幼少期に発症することが多く、ある日突然発症したその日から一生注射を打ち続けなくてはいけない病気で、その後の生活が大きく変化してしまいます。そんな1型糖尿病をもっとたくさんの人に知ってもらうためのデザインをお願いします。

2つ目は「血糖値を毎日コントロールしている私たちにエールを!マグネット」
1型糖尿病患者は1日に4~5回血糖値を測り、食事の量に合わせ注射やポンプで毎日インスリンを補給しています。お父さんやお母さんはお子さんが寝ている間にも子供が低血糖にならないよう気にかけています。2型糖尿病も血糖値のコントロールは必要です。そんな毎日頑張っている患者さんとその家族が元気づけられるようなデザインをお願いします。

3つ目は「糖尿病の原因は様々、種類も様々マグネット」
生活習慣によるイメージが強い病気ですが、原因には環境、遺伝、体質、自己免疫など様々なものがあります。糖尿病にはいろいろな原因と種類があることを知ってもらえるようにデザインしてください。

4つ目は「糖尿病と共存していこうマグネット」
糖尿病は闘ったり克服する病ではなく、発症してしまうと一生付き合っていかなければならない病気です。現在の医療では完全に治すことができない糖尿病と、共に歩んでいくことをイメージしたデザインをお願いします。

5つ目は「いっしょに糖尿病撲滅を目指そう!マグネット」
現代の医療では治らない病気だが、いつか糖尿病が治る病気になるその日が迎えられたら良いとは思いませんか?患者やその家族がそんな未来への希望を持てるようなデザインをお願いします。

6つ目は「カーボカウントマグネット」
カーボカウントというのは、食事中の炭水化物量(カーボ)を計算(カウント)することで、必要なインスリンの量を調節する方法です。うまく血糖値をコントロールする事ができるこの方法を知ってもらえるようなデザインもお願いします。