団体名 一般社団法人 障害者スキー振興協会
Webサイト http://www.aads.jp/
団体説明 『いつでも どこでも だれでも』スキーを楽しめる環境を目指して

幼少の頃からスキーを楽しみ、リフトから見る初めての雪景色に感動し、少しずつ難しいコースに挑戦し、色々な風を感じ、往復の道中も、温泉や食事も全て楽しい思い出。 障害があってもスキー場に行けば経験できることがたくさんあります。 こんな経験を障害のある人にも是非体験してほしいと活動をしています。

『いつでも』できないの?
 健常者のボランティア活動に支えられる現場では、ボランティアが活動できる日程に限られます。様々な団体が行うイベントは、イベント開催日に限られます。障害者専門スキースクールは永続性に乏しく、いつまでも受け入れ環境を維持する事はできません。

『どこでも』できないの?
 ボランティアやイベント、専門スクールなど、受け入れがある場所もありますが、ない場所の方がほとんどを占めています。思い出のスキー場、憧れのスキー場、近くのスキー場など、行きたいスキー場に行けないのが現状です。

『だれでも』できないの?
 障害者スキー=チェアスキーを想像される方も多いと思いますが、実際は違います。知的障害、視覚障害、四肢の障害など、それぞれ異なる可能性を持ち、異なるスタイルで異なる器具を使用します。一人一人に適した滑走スタイルや器具を見極め、適切な知識やサポート・指導のもとで滑る事が、安全面や技術の向上の上で非常に重要だと考えています。障害者だからチェアスキーで滑ろう。スキーができなくても気持ちがあればボランティアができる、というような間違った認識で行う事で、障害者を危険に陥れ、喜びや可能性を潰しているのが現状です。
『いつでも、どこでも、だれでも』できない環境を改善する ⇨当協会は全国のスキースクールでレッスンができるよう活動しています。

身体の障害を取り除く事はできませんが、環境の障害は取り除く事ができます。環境さえ整える事ができれば、どのような障害があっても『いつでも、どこでも、だれでも』スキーを楽しむ事ができるのです。
団体リボンアイテムはこちら https://store.ribbonmagnet.jp/?mode=cate&cbid=1699793&csid=2